クリニック紹介

イメージクイーンズアイクリニックは最新の技術による眼科診療施設として、横浜みなとみらいに1998年に開設しました。現代の眼科医療の中で、外来診療として行うことのできるほぼすべての検査・処置・手術が可能です。院内の検査機器はLANで結ばれており、検査結果をすぐに診察室のモニターで見る事ができます。最新の治療を取り入れながら、屈折矯正をはじめとして目に関する正確な情報を収集・提供する眼科施設です。当院は2014年9月1日より先進医療実施医療機関に認定され、先進医療対象のレンズを使用した白内障手術も行っております。

※ クリックすると画像が拡大されます。

さまざまな”見えづらい”に対応します

一言で ”見づらい” と言っても、その原因は様々です。大きく分けると、近視や乱視などの屈折異常や、老眼などによる調節異常、白内障などの透光体異常、そして網膜などの異常による眼底異常があります。クイーンズアイクリニックでは、いろいろな検査によりその原因がどこにあるかを探し出し、その方の年齢・職業・趣味・環境・体質などの様々な要因を考慮してその方にとって最適な治療の方法をご案内致します。

屈折異常... 目の中に入ってきた光を正しく網膜上に焦点を合わせることができないため、遠くまたは近くのものが見えづらくなること
屈折異常
調節異常... 目の中にある水晶体や虹彩の動きが衰えたり正常に機能しなくなることで、焦点を最適な場所に位置できなくなり、見えづらくなること
調節異常
透光体異常... 目の中で透明であるはずの水晶体が、その透明性を失うことで見えづらくなること
透光体異常
眼底異常... 入ってきた光が映し出されるスクリーンの役目をする網膜などの異常により見えづらくなること
眼底異常