白内障手術について

白内障手術イメージ白内障の手術は日帰りで行います。まず黒目の端を3mmほど切開し、水晶体の周りを包んでいる嚢という膜の前部分だけを取ります。その後、濁った水晶体を超音波で細かく砕いてから吸引し、嚢の中身をからっぽにします。最後にその嚢の中に眼内レンズ(人工水晶体)を挿入して終了です。手術は約15分で終わりますが、手術前の準備や消毒などを含めると全部で2時間ぐらいかかります。手術中は麻酔が効いていますので、痛みを感じることはほとんどありません。手術後は、ばい菌が入らないように数日間眼帯をします。

手術方法

手術方法

手術後はメガネが無くなる?

白内障手術に使用する眼内レンズには、メガネやコンタクトレンズのように度数が入れられるので、近視・遠視・乱視をある程度治すことができます。白内障の手術後は、遠くはだいぶ見やすくなりますが、さらに弱い度数の近視や遠視、または乱視用のメガネをかけると、より見やすくなる場合もあります。当院ならではの方法として、レーザー屈折矯正手術であるレーシックにて近視・遠視・乱視の矯正も可能です。なるべくメガネは使用したくない、という方にはおすすめです。

最新の白内障手術では、遠近両用の効果がある多焦点眼内レンズを使用することにより、白内障手術後の老眼鏡の使用頻度を大幅に減らすことも出来るようになりました。

※ クリックすると画像が拡大されます。

手術費用 (片眼分)

手術代 (単焦点・多焦点眼内レンズ共通) 1割負担の方…約18,000円
(高齢者医療の限度額により)
2割負担の方…約18,000円
(高齢者医療の限度額により)
3割負担の方…約45,000円
レンズ代 (多焦点眼内レンズの場合のみ) 詳しくはお電話にてお問い合わせ下さい
  • 多焦点眼内レンズを使用する場合は、選定療養の対象となり、手術代の他にレンズ代がかかります。
  • 手術代は健康保険の自己負担割合によって変わります。
  • 多焦点眼内レンズ代のみ、カードでのお支払いが可能です。

選定療養について

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術における選定療養では、手術費用や手術前後の診察などは保険適用となりますが、多焦点眼内レンズの費用は保険対象外であり患者様の自己負担となります。

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、2020年4月から民間の医療保険の先進医療特約の適用外になり、選定療養の対象に変更になりました。